Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鰤大根です!!琴引浜・まつつる

今日は賄いのご紹介です。

まつつるでは、主に残り物を使いながら

スタッフの賄いを私が作っています。

もちろん残り物とは言え、基本丹後の食材なので美味しいんですよ。

通常業務をしながらなので、

中々手の込んだ事、原価のかかるものはできませんが、

スタッフの皆が「美味しい!!」と思ってくれるものをと心がけて作っています。

今日は、そんな一品をご紹介します。

先日仕入れた

舞鶴産天然地鰤(9,5キロの代物でした)を使った(アラばっかりですが・・・)

「地鰤大根」です!!




それ映像がこちら!!


指


指

指


鰤大根

アラとは言え、養殖と違って余分な脂が無くと最高です!!

大根ももちろん地のモノですが、美味しい季節になってきました。
(もう少し寒くなったら、そろそろおでんも作りたいですね。)

我ながら美味しかったですよ。

白ご飯を沢山、口にほお張りました。

今後もちょこちょこ「まつつる賄い」紹介していきます。

スポンサーサイト

紅葉スポット、金刀比羅神社です!琴引浜・まつつる

紅葉スポット
「金刀比羅神社」(こんぴらさん)
に行って来ました。

午後から空いた時間で

峰山町の金刀比羅神社に!

金毘羅

今年2月に生まれた娘のお宮参り以来で、

紅葉を見にと思い、行ってきました。

時期的にはもう紅葉も終わりなので、だいぶ散っていましたが

十分綺麗でしたよ。

金毘羅神社 紅葉②

金毘羅神社 紅葉

金毘羅神社 紅葉③

夜はライトアップされるのですが、

今日電気屋さんが取り外しの作業をしてはりました。

今年はご紹介が遅れたので、

来年の秋シーズンの参考にして下さい。

入ったとこの池には

鯉と可愛い亀さんたちも見てもらえます!!

金毘羅神社 亀さん

金毘羅神社詳細はこちらです。

クリスマスリースを頂きました!琴引浜・まつつる

リースクリスマスリースを頂きました!!

M様からの手作りリース


毎年お越し頂いている

神戸のM様から贈っていただきました。

心のこもった手作りのリース本当にありがとうございました!!


全て手作りの様で、

何と!飾りの林檎まで全て生(なま)なんです!!

早速、レストランの入り口に飾らせてもらいましたよ。

ご来宿のお客様は是非見てみて下さい。

いよいよ今年も

クリスマスまで丁度1ヶ月となりました。

皆さんにとっても良いクリスマスが来ますように・・・。

「まつつる」でも

じゃらん限定!クリスマスプラン">じゃらん限定!クリスマスプランなんかもプランニングしていますので

是非、丹後まつつるで思い出に残るクリスマスを!!

高橋英樹さん、反町隆史さんが・・・!!琴引浜・まつつる

緊急なご報告です!!

今朝から、
年末年始のドラマ撮影で

俳優の

高橋 英樹さん



反町 隆史さん

琴引浜に来られているそうです!!

今朝「まつつる」をチェックアウトされたお客様も何組か
見に行かれました。

私は行ってないので、
残念ながら写真はありませんが・・・。

今日の夕方まで撮影しているそうです。

ドラマをご覧になった方は、
是非琴引浜を気にして見てください。

以上、緊急なご連絡でした。

門上武司さんご来宿!!琴引浜・まつつる

昨日当宿「まつつる」

門上武司さんにご宿泊していただきました!!

ハリー中西さんというカメラマンさんとお二人でのご宿泊です。

門上武司さんは
「あまから手帖」の主幹をされている料理評論家の方で、
「水野真紀の魔法のレストラン」のコメンテーターなどもされています。

門上さんの詳細はコチラを

なぜそんな有名な方が
ウチみたいな小さな宿に?

「ソトコト」という快適生活マガジン(月刊誌)の
”スローフードな宿”コーナーで

カラー4ページに亘って無料で掲載して下さるとの事。

その取材も兼ねてだったんです!

たっぷりと丹後の地魚と地野菜を
召し上がっていただきました!!

やっぱり、「食材が美味しい」とおっしゃってましたよ!

料理評論家をうならせた丹後のすばらしい食材
改めて感心させられました。

お二人ともとてもイイ方で、気さくにお話させてもらいました。

門上さん、ハリーさん

ちなみに
我々家族3人とも顔の露出はホームページを含めて
初めてとなります・・・。

遂に出しちゃいました。

「ソトコト」(木楽舎発刊)
2010年2月号
1月6日発売


去年掲載してくださった
「Hanako West」といい、
本当にありがたいお話です。

皆さん
もし見かけたら覗いて見てくださいネ。

贈り物ありがとうございます!!琴引浜・まつつる

お客様から思わぬ贈り物を頂きました。

先日は  I 様 ご家族皆様でのご宿泊

本当にありがとうございました!

皆さんゆっくり・ほっこりして頂けましたでしょうか?

K様からの贈り物

和歌山のK様からの
心のこもった温かいお葉書と地元のお煎餅でした。

お忘れ物をお送りしたお礼との事でした。
お心遣い頂き、大変恐縮しています。

スタッフは皆、お菓子には目のない者ばかりなので

遠慮なく頂きます。

本当にありがとうございました!!

次回も是非皆さんお揃いでお越し下さい。

I 様他皆様にもよろしくお伝えください。

お待ちしています。

冬の味覚!海老芋です!!琴引浜・まつつる

今日は冬の味覚のご紹介です!

昨日、地元の農家さんから

直接仕入れてきました!!

「海老芋です!!」

ご家庭では中々使わないかもしれませんが、

焚いても、揚げても

ホクホクで本当に美味しいですよ。

京丹後市弥栄町にある
クラブファーマーさんから
頂きました!!

海老芋、山の芋

ドロ付ですので、新鮮な状態で調理できます。

左の一際大きいお芋さんは

そうです、「山の芋」です。

お客様にどんなご提供の仕方をしようか、

現在検討中です。

楽しみにしておいてください。

京丹後あみのファンクラブ入会費無料キャンペーン!!琴引浜・まつつる

前回ご報告しました
京丹後あみのファンクラブ

宣伝キャラバン活動のご報告です。

テレビ局1社、新聞社5社を
京丹後市観光協会網野支部
青年部のメンバーで2日間かけて分担して回りました。

KBS京都(ローカル放送)生放送は
「ぽじポジたまご」
という番組で1約10分間の出演で、再放送含め11日に2回放映されました。

私も結構しゃべりましたが、
ローカル放送とはいえ、
「キュー!!」がかかるとわりと緊張するものですね。

最後大事なところで

何と!かんでしましました。恥ずかしい。
でも、熱い思いは伝えましたよ。

本日12日の京都新聞朝刊三面記事に写真入りで掲載されました!!

明日13日の読売新聞朝刊に写真入りで掲載される予定です!!

来週16日のスポーツニッポンに写真入りで掲載予定です!!

毎日新聞、朝日新聞にも近々掲載予定です!!

見る機会がある方は、
是非気に留めて頂き、
是非ご入会をご検討下さい!!

青年部としてメディアを回ったのは
私も始めての経験だったので、
生放送出演も含め
とても勉強になりました。

そこで
気になるキャンペーン内容ですが・・・。


何と!!!


11月11日~同月30日まで

入会費1,000円無料キャンペーン

行います!!!



さらに
さらに
今回は、

キャンペーン期間中のご入会の方の中から
抽選で30名様に

現在売り出し中の
丹後米コシヒカリ
「ガラシャ米」1kgを
プレゼント!!!



お知りになった方はとても
ラッキーです!!


相当数の
入会員が予想されますが、
とてもお得なファンクラブなので
是非、ご入会宜しくお願いします!!

詳しくは
↓こちらをクリック
京丹後あみのファンクラブ

京丹後あみのファンクラブTV出演!!琴引浜・まつつる

以前からご紹介しています、
「京丹後あみのファンクラブ」
リンクバナー(小)

についての
とびきりのお知らせです!!

京丹後市観光協会網野支部における
プロジェクトとして今年7月に産声を上げた
「京丹後あみのファンクラブ」
ですが、
その実働部隊である青年部の有志による
広報キャラバン活動を行うことになりました。

11月6日の松葉ガニ漁解禁にともなって、
ファンクラブのキャンペーンを行います!!

キャラバン活動は
来る11月10日、11日の2日間。

KBS京都、朝日新聞社、毎日新聞社、デイリースポーツ、読売新聞社、京都新聞社など
マスコミ各社を回ります!!

その中でも、
KBS京都は、
ローカル放送ではありますが、


何と!


網野町支部青年部の番組生出演が決定しました!!

放送番組の詳細は

KBS京都
『ぽじポジたまご』という番組名で
放送日時は
11月11日(水)午前10時35分頃の10分程度です。

キャンペーン内容については
放送終了後のお楽しみです。

こちらをクリックしてみてください!!

網野町支部の元気な若旦那たちが
京丹後・網野を頑張ってPRしますので、
皆さんの温かいご支援もお願いします!!


ちなみに生放送は
恥ずかしながら、私もちょこっと出演する予定です・・・。

本日松葉ガニ漁解禁!!琴引浜・まつつる

お待たせしました!!
本日「松葉ガニ漁」が解禁しました!!

冬の味覚の王様
皆さんご存知の松葉ガニです。

私も仕事の合間を縫って、初せり顔出してきました。
当宿では、間人ガニ、柴山ガニ、津居山ガニを地蟹として使用しますが、
今日は今ではいわずと知れた
「間人ガニ」を水揚げする
「間人漁港」のセリ場に行って来ました!!

間人漁港

そもそも間人ガニがと言われだした所以は、
小さな底引網漁船5隻が、僅か25kmという近い漁場で漁を行い、
日帰りで活きたカニを持ち帰る為、鮮度が優れているという事。
小さい漁船であるがゆえ、冬の日本海が荒れると毎日漁に出れる訳ではないという希少価値。

水揚げされたカニたちは全て重さや形などさまざまな選別を経て丁寧にセリ場に並べられ、
威勢のいい声と共にセリ落とされていきます。

今日も初セリと言うことで、ピリピリとした緊迫感の中、
多くの間人ガニが市場へと出てゆきました。

11・6 009
11・6 005

今年の解禁前調査によると雄ガニが少ないであろうとのこと。
今日から始まる約5ヶ月の蟹シーズン。
多くのお客様に冬の味覚の王様をご賞味頂くべく、
「まつつる」も頑張っていきたいと思います。

皆さん奮って丹後へ、そしてまつつるへお越し下さい!!

Appendix

プロフィール

まつつる

Author:まつつる
和のオーベルジュ「まつつる」を目指します。
国の天然記念物「琴引浜」、海の幸・山の幸山盛りの丹後から、チョットした旬な情報を写真と共にご紹介します!
お店や施設のご紹介もありますのでご参考にして下さい。

最新記事

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。